読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MINIの3年車検

先日車検が完了して納車されました。

法定金額+基本価格+その他の部品代、工賃が合計費用となります。

その他部品代は早期予約特典で10%引きでした。

法定金額:¥53,540-

基本価格:¥74,130-

でしたが、3回目となるワイパーブレード交換だけがその他の部品代、工賃になりました。(下記の保障で1,2回目は無償ですが、1年点検x2でそれぞれ交換しているので今回3回目は保障対象外だそうです。)

基本価格+その他部品代の合計は結果的に

¥80,350-

となりました。 

ちなみに私は購入時にMINI-TLCというオプションの保障をつけていましたので購入後車検まで点検で費用はかかっていません。

 

また、車検でも点検時に確認されたオイルにじみの対応2箇所は無償で対応となりました。

 

 

f:id:knd3a:20130717193752p:plain

ソレノイドバルブが17kと結構していたり。と保障に入っていてある意味助かりました。

購入時のオプション保障はMINI TLCと呼ばれています。

MINI Japan - MINI サービス - MINI TLC.

3年保障で1年点検x2のほとんどをカバー(私の場合は保証ですべてまかないました。)と車検時も保障でカバーされる部分があるなど。個人的にはオプション保障はお徳ではないでしょうか?

 

特にこんな方には良いのではないかと想像します。

#ローンの支払いがあるので支払い期間中の点検費などを抑えたい(新車購入時に入れば自動車ローンの中に含められると思います。)

#外車の部品代は高額なので点検費用などあらかじめ想定できる金額内に収めてしまいたい。(多くの部品代が保障の範囲で交換できてしまえば総額が想像以上になる。といったことが防げます。)

 

延長保障もありそうでしたが、来年の今頃車を手放している可能性が高そうなので今回は入りませんでした。

 

未来は読めませんが、避けられない事情もある程度あるのである程度価格に見合った保障は購入時につけたほうが良いのでは?と今回思いました。

#おそらく購入後の故障に関する不満をある程度の費用でカバーすることにより顧客満足度の向上も狙える。といった意向なのかな?と想像しています。